太陽光発電システム及びオール電化販売施工の専門店 有限会社タック

営農型の太陽光発電システム

ソーラーシェアリングによる営農型の太陽光発電は、支柱を立てて農地の上空に発電パネルを並べて設置します。
下にある作物が育つ最低限の光量を確保するため、発電パネルで覆うのではなく、一定間隔の隙間を作って並べるのが特徴です。

・営農型でも一時転用許可が必要

農地を作物に使っている以上、上空に発電パネルを設置しても、何の問題もないように思えるのではないでしょうか。
しかし、支柱を農地に立てる行為が、ビニールハウス等と違って農業目的ではなく、農地を農地以外で使うことは間違いないので、「一時転用」の許可が必要とします。

・支柱にも制限がある

営農型で発電パネルを支える支柱は、耕作以外で農地を使用する状況を例外的に認める物なので、簡易で用意に撤去出来る方法が求められます。

・営農への影響

営農型の太陽光発電は、営農が適切に継続されることを条件として認められます。
その基準は、次のようになっており、特に作物への影響が軽微な前提です。
1.下部の農地の単収が地域の平均的な単収よりも2割以上減少しない
2.作物の品質に著しい劣化が生じない
3.農作業に必要な機械等の効率的な使用が妨げられない

・一時転用と報告義務

恒久的な転用と異なり、一時転用しか認められない営農型の太陽光発電は、3年間を転用期間とし、4年目はそれまでの実績に応じて営農が適切に行われていると判断されれば、再び3年間の一時転用が許可されます。

・まとめ

太陽の光を受けて発電する太陽光発電は、同じエネルギー源を使用する農業と非常に親和性が高い産業です。
作物が必要とするだけの日照は確保し、余剰の太陽光を電気に換えて売買するという営農型の登場は、低収入に苦しむ農家にとって助け船になるでしょう。